HOME » 噛み合わせが悪いとどうなる? » 顎関節症

顎関節症

噛み合わせの悪さが原因で起こる症状の代表的なものに、顎関節症があります。顎関節症の症状や噛み合わせとの関係について解説します。

噛み合わせの悪さが原因で起こる顎関節症とは

顎関節症イメージ画像

顎関節症とは、口を開こうとしたときに、耳の穴の前あたりにある顎関節に痛みを感じたり、口が開きにくい、口を開けたり閉じたりするときに顎関節で音がするなどの症状がある状態のことです。

顎関節症には、4つのタイプがあります。

もっとも多いのが、関節内にある関節円板がずれることによって起こるものです、口を開けたり閉じたりするときにカクンと音がするような状態です。症状が進行すると、口を大きく開けることができなくなることがあります。

緊張などで筋肉が硬くなり、血流が悪くなって痛みが生じるタイプもあります。咀嚼筋が痛むため、こめかみや頬のあたりに痛みを感じます。さらには、頭や肩、首などに痛みが出ることも。

そのほか、口を開けようとするときに、顎関節に捻挫のような痛みを感じるタイプもあります。これは、関節を包む筋である関節包(かんせつほう)や靭帯などに力が加わり、関節包炎や滑膜炎などを起こしている状態です。

また、割合は少ないのですが、関節を作っている骨が変形してしまうことで起こるタイプもあります。顎関節症が長年続いていたり、高齢の人に多いといわれています。

顎関節症の症状

顎関節症には、次のような症状が見られます。

  • 顎関節の痛み
  • 口が大きく開けられない
  • 顎の筋肉の痛み
  • 顎を動かしたときに音がする
  • 顎関節の動きの異常
  • 噛み合わせのずれ
  • 口を閉じることができない

そのほか、全身に次のような症状が現れることがあります。

  • 頭痛
  • 首や肩の痛み
  • 背中の痛み
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 耳の痛み
  • 目の疲れ
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 歯の痛み舌の痛み

など

顎関節症と噛み合わせの関係

顎関節症は、さまざまな要因が重なり合って起こるといわれていますが、おもな要因として、噛み合わせや姿勢の悪さ、顎に影響を及ぼす癖、ストレス、外傷などが挙げられます。

なかでも噛み合わせは、かつては顎関節症のもっとも大きな原因といわれてきたほど、影響の強いものでした。

悪い噛み合わせのまま食事を続けることで、噛むたびに顎がずれていってしまうのです。

噛み合わせの悪さが顎関節症の原因になっていることもあれば、顎関節症が噛み合わせの悪さの原因になっていることもあります。

顎関節症と噛み合わせは、互いに影響しあう関係なのです。