HOME » 正しい噛み合わせ治療とは

正しい噛み合わせ治療とは

さまざまな方法がある噛み合わせ治療。間違った治療法を選択してしまうと、余計に悪化して全身に不調をきたすこともあるので、安易に治療法やクリニックを選ぶことはおすすめできません。

こちらのページでは日本人に合った治療方法について紹介します。正しい噛み合わせ治療とは何か、参考にしてみてください。

日本人に合った噛み合わせの治療方法は?

噛み合わせ治療には、大きく分けて「欧米人型咬合理論」によるものと「日本人型咬合理論」によるものがあります。

食材をかみ切るようにして咀嚼する欧米人と、奥歯ですりつぶして咀嚼する日本人とでは咀嚼の仕方が異なります。そのため、噛み合わせの治療も変わってくるのです。

欧米人の咀嚼と噛み合わせ治療

フランス料理に代表されるようにソースの味を味わう習慣のある欧米人は、まず舌で味をたしかめ、その後に歯で肉や魚を噛み砕きます。この時、顎は主に縦方向に動かしています。そのため、噛み合わせ治療で重視されるのは、縦の動きが中心になります。

日本人の咀嚼と噛み合わせ治療

雑穀や煮物などに親しむ日本人は、食物を奥歯ですりつぶし、素材そのものの甘みや出汁を味わう食生活を続けてきました。食事中には、縦方向だけではなく、すりこぎのような横方向の複雑な顎の動きが加わります。そのため、上下の歯の複雑な接触点を理解した上での治療が必要なのです。

現在の日本の歯科治療について

日本人は欧米人と比べて複雑な咀嚼をしていることから、噛み合わせの接触点も複雑で、日本人と欧米人の噛み合わせ治療が同じものではいけないことがわかります。

しかし、日本の多くの歯科クリニックは、歯科治療の先進国である欧米の理論に基づいた噛み合わせ治療をおこなっているのが現状です。

欧米型咬合理論による噛み合わせ治療で完治する方もいるはずですが、多くの日本人に適した治療は、日本人型咬合理論による歯科治療であるのは明白です。噛み合わせ治療の際には、カウンセリングを受けて歯科医師の治療方針を確かめるようにしましょう。

また、マウスピースやプレートなどで噛み合わせ治療が行われることもあるのですが、近年あまり効果が得られないことがわかってきました。さらに、ほかの健康な歯を削ってしまう噛み合わせ治療は、噛み合わせをさらに悪化させてしまう場合があるので、特に注意してください。

ここでは、インレー・アンレーやクラウンを作りなおすことによって噛み合わせを調整する方法、噛み合わせに影響を与える生活習慣や姿勢を意識して、根本から治す方法、悪い噛み合わせによって凝り固まった筋肉をほぐす「トリガーポイント療法」について、詳しく解説していきます。