HOME » 正しい噛み合わせ治療とは » インレー・アンレー・クラウン

インレー・アンレー・クラウン

インレー・アンレーやクラウンなどによる噛み合わせの治療は、噛み合わせの高さを矯正することで治します。その具体的な方法とは?

噛み合わせの高さを矯正する治療

歯科治療によって噛み合わせが悪くなった場合の治療として、義歯やクラウンによる対症療法があります。

まずは、噛み合わせの高さを矯正することで、噛み合わせを治していこうというものです。

歯科治療などで抜歯をした後、義歯などを入れずにそのまま放置しておくと、スペースが空いているので、ほかの歯が動いてしまい、噛み合わせが悪くなっていきます。

また、虫歯で歯を削った場合、削った部分を補うために、金属やセラミックなどのクラウンを入れて調整しますが、このクラウンの高さが合わないと、噛み合わせが悪くなります。

クラウンの高さが高い場合にはすぐに気が付くのですが、クラウンが低い場合には違和感がないので、噛み合わせが合っていないということになかなか気づかず、そのまま過ごしてしまい、さまざまな症状が出てきてしまうのです。

こうした誤った歯科治療の結果、噛み合わせが悪くなった場合、まずは義歯やクラウンで噛み合わせの高さを合わせることからはじまります。

抜歯をしたところには義歯を入れ、クラウンの高さが合っていないところは、クラウンの高さを合わせていきます。

おもなクラウンの種類

噛み合わせを矯正するために使われるクラウンには、さまざまな種類があり、それぞれ、メリットとデメリットがあります。

銀歯

  • メリット
強度が強く、ほとんどの部位で使用可能。保険適用のクラウンなので、価格が安い。
  • デメリット
白くないので、審美性に劣る。長年使用し続けると、変色したり金属アレルギーを起こすこともある。

オールセラミック

  • メリット
自然な白さで、審美性に優れている。金属アレルギーの心配がない。
  • デメリット
割れやすい。保険適用外なので価格が高い。

メタルボンド

  • メリット
内側が金属、外側がセラミックでできているので、審美性がよく、強度もある。
  • デメリット
価格が高い。裏側からだと金属が見える。天然の歯よりも硬いので、噛み合う歯に影響が出る場合がある。

金合金

  • メリット
天然の歯に硬さが近いので、噛み合う歯を傷つけない。虫歯が再発しにくい。
  • デメリット
白くないので審美性に劣る。価格が高い。